2017 公募 「海と生きる」プロジェクト オーストラリアを舞台に広げ

公募 「海と生きる」プロジェクト オーストラリアを舞台に広げ

オーストラリア政府機関助成による豪日プロジェクト「AfterLandscape」(RMIT王立メルボルン工科大学 マリールイーズ・ヨーナス主催)の第二章として、2017年4月29日− 5月3日の日程でオーストラリア視察旅行を開催します。このたび、その参加者を公募いたします。

視察ではメルボルン市、ホバート市の創造的実践の場やスタートアップビジネスなどを訪ね、気仙沼市のコミュニティー代表者とタスマニアの叢林地の火事被災者とを繋げる予定です。「AfterLandscape」では、気仙沼とオーストラリアのコミュニティーづくりに関わる人たちに、長期的な豪日の繋がりを発展してもらいたいと考えます。

選ばれた気仙沼代表団の四人には、以下が提供されます。

  • 帰りの切符  飛行機代(エコノミークラス)
  • 日本及びオーストラリア電車代
  • オーストラリア滞在中ホテル代
  • ワークショップへの参加

選考方法
今回の代表団へのご応募方法:

・気仙沼市を将来どうしていきたいかというビジョン、及びその中でのご自分が担う役割を書いた書類最長1ページ(日本語または英語)

・氏名、連絡先、2011年以降のコミュニティー活動リスト等の情報を含む履歴書

2016年11月30日までに、メールafter.landscape@rmit.edu.auまでご応募ください。

特に女性や、コミュニティー活動をされている若い方のご応募をお待ちしています!

また、日本語のみの応募でも結構です。自分ならではのコミュニティーをつくりたいと模索している皆さま、ふるってご応募ください!

選考基準

  1. 2011年3月以降、地域の活動に参加されている方
  2. 2016年1月、気仙沼市で2日間開催された「海と生きる」ワークショップに最低1回参加された方
  3. 今回の視察で得たことを気仙沼市のコミュニティーに取り入れ、プロジェクトを自ら発展させていきたいと考えている方

別途の自費視察をご希望の方は、さまざまな場所での視察を調整いたします

選考委員

ホバート市タスマニア大学アジア研究所所長 ジェームス・チン教授

Asia Institute University of Tasmania

国際交流基金シドニー日本文化センター 日本研究部 プログラムコーディネーター
エリシア・オレイリー氏

国際交流基金Sydney

d15-1965536-8269r-aus_japan_logo_stacked_fa-ol-01

 

Expressions of interest invited for in-Australia stage of “Living with the Sea” project.

As a continuation of the Australian government funded bi-lateral research project ‘AfterLandscape’ led by Dr Marieluise Jonas of Melbourne’s RMIT University, expressions of interest are invited from persons to participate in a study tour to Australia from 29 April – 3 May 2017.

The workshop includes visits to sites of creative practices, small start up businesses in Melbourne and Hobart and will connect Kesennuma community representatives with Tasmanian people from areas affected by bushfires. The proposed ‘AfterLandscape’ outcomes include the creation of long lasting bi-lateral partnerships between Kesennuma community members and Australian counterparts.

The delegation is offered for four persons form Kesennuma and includes:

  • Return flight (economy class)
  • Rail transport in Japan and Australia
  • Hotel accommodation in Australia
  • Workshop participation

Selection Process
To express interest in membership of the funded delegation, please submit:
Maximum 1 page written statement (Japanese or English) setting out a future vision for Kesennuma and your role in shaping this future.
Curriculum Vitae including name and other personal details, including contact details, and a list of your post-March 2011 community activities.
Applications via email to: after.landscape@rmit.edu.au by 30 November 2016
Applications are particularly invited from women and younger community members.

Criteria:

  1. Nature of post March 2011 community involvement
  2. Participation in at least one session of January 2016 ‘Living with the Sea’ Kesennuma two-day workshop
  3. Willingness to adopt project leadership in the Kesennuma community

Places will also be available for a number of self-funded study-tour places.
Please email to after.landscape@rmit.edu.au to indicate your interest.
Selection Panel

Professor James Chin
Director of the Asia Institute, University of Tasmania, Hobart

Asia Institute University of Tasmania

Elicia O’Reilly
Program Coordinator, Japanese Studies Department, The Japan Foundation, Sydney

The Japan Foundation Sydney

The ‘2017 Future Proofing Kesennuma Project’ is supported by the Australian Government through the Australia-Japan Foundation of the Department of Foreign Affairs and Trade.

d15-1965536-8269r-aus_japan_logo_stacked_fa-ol-01